根本経綸・・・・? ホントの根本経綸とは?

 

メシヤ講座no. 175大阪(平成27年8月)

<今月の御教え>

「『文明の創造』宗教篇 経と緯」(文創  昭和二十七年)
本文は『文明の創造』353ページに記載されています。

<前略>

そして、現在まで人類の諸問題が解決していかないのは経か緯に偏してしまった、そういうものに偏ったために、いまだかつて問題が解決していかない部分があるので、これから地上天国を建設していくためには諸問題を全部解決していかないといけないので、この経の考え方、緯の考え方を結んでいくという、そういう姿勢で行かなければいけないので、それが我がメシヤ教の示して行く役割であるというふうにメシヤ様は御示しいただいておりますので、そうしたところもしっかり腹に入れて日々生活できるように取り組んでいただければ大変ありがたいというふうに思います。

そして、最後にですね、メシヤ様がまとめていただいているように、『霊主体従』の順序を御説明した後に、後ろから4行目

此通りにすると実に順調に巧くゆくが、少しでも之を狂はせると、必ず故障が起るのは殆んど絶対的といってもいい。実に神様の御経綸こそ、一糸紊れず洵に整然たるものである。

というふうにお書きになっておりますので、私達の日常生活でもですね、仮に問題の解決に取り組んで行った時に問題が解決していかない時には、こうしたものに照らしながら考えていくということが大事でもありますので、そうしたことを念頭に置いてですね、繰り返し毎日拝読していただければ大変有難いというふうに思います。

<中略>

問題解決のカギは経か緯に偏してしまっていないか?

霊主体従』の順序をみだしていないかということのようです。

御神業とは神様が定めたもの

楳木代表

この前、「い○○め」の信者さんから相談あって、「い○○め」の九州の教区長の話がでたのだけれど、心臓が悪いから「心臓の手術をしなさい」と理事長から指示されて、ある程度頑張っていたらしいのだけれど、「手術をして、良くなったらまた御用すればいいじゃないか」とこのように理事長から言われたので、思い切って心臓のバイパス手術をしたのだ、と。「今元気でやっています」と。「そういうのを元気と言うのかね~?」と言ったのだけど、本人は思ってないからそう言うのだけどね。残念ながらその教区長は私と同期生なのです。学院で真面目な男だったのに、そこまでやっぱり勘違いさせられてしまっているのかな、と思って。

受講者

治らないからでしょうね。だんだんそういうふうに変わってきちゃって。

楳木代表

何故治らないか、というのが分からない。

受講者

そうだと思います。

楳木代表

心臓が悪くなるのは医学界の方が分かっているわけなので。敵対心を持ってずっと生活していると心臓が悪くなるというのが、もう医学界が分かっているわけなので。

受講者

あー御教えと同じってことですね。

楳木代表

うん。医学界の統計で分かっているわけなので・・・。だから、まともな医者の方は、「あなた日常のお気持ちはどういう気持ちで生活していますか?」と聞くわけなので、手術したがる人間は、本当の理由が分かってないからすぐ手術してしまうわけ。「一番宗教が担わないといけないところを医者に任せて、い○○め教団は何の御用をしているのだ」と。昨日も岡山に5人ぐらい元い○○め教団の人達が来ていたけどもね、もう現場の専従者の話が御教えから離れた話し方をしているので、なかなか問題が解決していかない。御教え通りすれば解決していくのにね。

<中略>

問題解決のカギはやっぱりみ教え通りにすること。

楳木代表

そこから申し込んで来る人達は、もう本当に切なる願いで“メシヤ様の御浄霊力をいただきたい”と思ってきているのですよね。東方○光教団であれだけ一生懸命やっているのに何故浄霊力が薄れてくるかというと、この『文明の創造』に書かれている「神の実在を知らしめるための浄霊」ということが抜けて病気治しだけに走っていっているからなわけ。だから病気治しだけでいっているので、「初心者」はそれで御守護をいただくのだけれども、「信仰を積み上げた人」はそれでは御守護をもういただけないの。このことに気づいてもらわないといけないので、だから今回は「大事業」として○○へ行って下さい。

受講者

文明の創造』を買ってくれた友達がね。この前久しぶりに会って話したんだけど、ちょうどこういう話す機会があったから喋ってみたんだけど、中々分かってもらえないですよね。最初は「うんうん」って聞いて下さっていたんだけど、「でも浄霊って根本経綸だよね」って頭にきちっと入っていて、「いろんなことは受け入れたい」と言ってたけど、「浄霊は無神論から神様を知らせるためにあったんだよ」と言ったんですが、最後に彼女が「根本経綸」って言って、そういえばそう言われていたなと。

楳木代表

だからその「根本経綸」が「神の実在を知らせるための浄霊」だから。

受講者

それを最初に言ったんですよ。

楳木代表

向うに「根本経綸と言っている中身がこれなのですよ」と言ってあげて。

受講者

中身が知らせるためなんですよ、と。

楳木代表

そうそう。

受講者

それが「浄霊が根本経綸」だってところだけ○○Aの場合頭に入って、浄霊ばっかり一生懸命になっていると。

楳木代表

そうそう。だから「メシヤ講座」で今月は「薄っぺらい・・・」と書いているのはそういうことなの。

<後略>

「浄霊は神の実在を知らせるためのもの」であり
だから浄霊は根本経綸なのですね

ところが、浄霊は病気を治すものになっちゃっているから、”浄霊”の神様の一番の願いとするところがどこかへ飛んじゃってしまっているから、MOAはあれだけ一生懸命浄霊に取り組んでいるのに浄化を浄化足らしめることができずに入院したり、薬を飲んだりしている人が、ほとんどになってきているのでしょう。

浄霊は病気は治るけど、病気治しではないのだと。「初心者」は病気治しで御守護をいただくのだけれども、「信仰を積み上げた人」はそれでは御守護をもういただけない。
メシヤ様を信仰するものとして、キチッと押さえておかなくてはいけない大事なことなのだと再確認させていただきました。問題解決のカギはここにもありました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。